トレッキング初心者が始めちゃったブログ

【ここだけの話】『トレッキング初心者が始めちゃったブログ』 と、タイトル設定したけど、今のところ主な活動は、要は「山登り」、「山歩き」。これが実に楽しい。タイトル下にも書いたけど、本当に不思議なくらいにこの世界に引き込まれていく自分が突然として顔を見せた。自分はいい年齢(トシ)なので、余り危険なことをする気はないけど、若いうちにこの世界を知っていれば、もしかしたら冒険心みたいな気持ちに灯がともってしまったかもしれない。この「山の世界」、かなりお勧めである。

2013年3月2日土曜日

山と渓谷 3月号を買っちゃった

久々に購入してしまったヤマケイ
「山と渓谷」は、自分が好んで“立ち読み”や“図書館読み”する山岳雑誌。
この雑誌を読んでいると、紹介されている山を無性に歩きたくなったり、紹介されているギアを無性に試したくなる衝動に駆られてしまう。そうした邪念?が湧いてくるこの雑誌、自分にとっては、正直良いものなのかどうか分からないので、手元に置いておくべきではないと考えていた。
しかもこの手の雑誌、結構値段が張るので、自分的には気安く購入とは行かないのである。登山ブームのこの時代、「山と渓谷」以外にも「岳人」、「PEAKS」、「ワンダーフォーゲル」等々、新旧様々な月刊山岳雑誌が発売されているが、いずれも価格は1000円程度とお高め。雑誌自体あまり読む方ではないが、他のジャンルと比べても山岳雑誌は高めの設定だと思う。ターゲットが比較的、経済的に安定している中高年が多いからかな。

そんなわけで、普段あまり購入することのないヤマケイだが、今回の3月号、めずらしく購入してしまった。これは表紙に「地図を読んで」とか「雪山」、「スノーシュー」といった、今の自分の興味の旬となるキーワードが盛りだくさんだったので、“買うしかない”といった衝動を抑えきれなかった結果。
それにしても、表紙の山の雰囲気、最高だな。こんなロケーションで山歩きができたら、なんて幸せなことだろう。ああ、山に行きたい...。表紙を見るだけでこれだよ。中を読み始めたら、山への妄想がどんどん広がっていく。これだから、このヤマケイ、手元に置いてはいけないんだ。

でも買ってしまったのだから、しょうがない。しばらくは、これを読んで山への妄想を広げることとしよう。むふふ...。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2 件のコメント:

  1. 本を見ると行きたくなるんですよね!
    写真もきれいなんで、私の場合、
    撮りたくなるんですけど、、、

    春になったら冬眠中のちゃりで、出かけたくもなります、、
    休日は何日あってもたりあせん(笑)
    青空

    返信削除
    返信
    1. 確かに写真も撮りたくなるのですが、出来栄えが良くないのでいつもがっかりしてしまいます。
      そろそろ春ですね。私も久々にチャリに乗りたくなってきましたね。

      削除