トレッキング初心者が始めちゃったブログ

【ここだけの話】『トレッキング初心者が始めちゃったブログ』 と、タイトル設定したけど、今のところ主な活動は、「山登り」、「山歩き」、要は登山ですね。これが実に楽しい。タイトル下にも書いたけど、本当に不思議なくらいにこの世界に引き込まれていく自分が突然として顔を見せた。自分はいい年齢(トシ)なので、余り危険なことをする気はないけど、若いうちにこの世界を知っていれば、もしかしたら冒険心みたいな気持ちに灯がともってしまったかもしれない。この「山の世界」、かなりお勧めである。

2018年4月22日日曜日

『ヨモギ尾根』から雲取山へ

『ヨモギ尾根』ここはブナも目立つ広々とした尾根道。とても気持ちイイ!
以前にも同じようなことを書いたと記憶しているが、最近、ブログを書くたびに「久々に山を歩いてきた」的なフレーズを書くことが多い。今回もまさにそういうことだ。
ゴールデンウィークのテン泊山行を間近に控え、山歩き不足はおろか運動不足ですらある自分。というのも、最近、珍しくも仕事が忙しいのが背景にある。いい歳をして不良サラリーマンの自分としては、不本意なことではあるが、使われる身としてはやむを得ない事実でもあろう。
気を取り直して、この日は久々のソロ山行。しかもトレーニングを兼ねての山行だったので、思い切り歩くために出発は当然、始発電車。向かった先はホームグランドのJR奥多摩駅。最近の陽気の高まりのせいか、朝も早いというのに乗り継いだバスには大きなザックを担いだ登山者で超満員。そんな大勢の登山者は皆、おそらくは雲取山を目指すのだろうが、鴨沢バス停で降りて行き、ただ一人残された自分はというと終点の鴨沢西バス停で降りた。

鴨沢西バス停から歩いて約20分。「お祭」という名が見え始めた。
そんな自分、向かった先は「お祭」(という地名)の後山林道。登山口はこの林道をさらに1時間半ほど歩いたところにあり、ここに今回目指す登山道『ヨモギ尾根』がある。この日は、大勢の登山者同様に自分も雲取山方面を目指す山歩きだが、どうせ登るならと、以前から歩いてみたいと思っていた、山と高原地図で破線ルートとなっているこの『ヨモギ尾根』をチョイスした。

後山林道入口。立派な門があります。監視カメラが付いていたが何のため?
林道をしばらく歩き、塩沢橋を渡ってシオ沢沿い10分くらいのところに、ようやくこの日の登山口が左手に見える。破線ルートの登山口の割に真新しい道しるべが立ててある登山口。さあ、ここから約3時間、静かな破線ルート歩きを楽しむことができると思うとワクワクしてきます。ところで『ヨモギ尾根』といったが、実は石尾根に出合うまでの中間地点に位置する奥後山までは「ニジュウタキ尾根」といい、後半の方を『ヨモギ尾根』と呼ぶらしい。いずれにしてもこのルート、実に静かで、この日、誰ともすれ違うことはなかったし、むしろ静かすぎて、クマなどの野生動物と出会いそうな気がして、ビビりの自分は終始、声を出して自分の存在をアピールした。

バス停から歩き始めて約1時間半。ようやく登山口に着いた。
また、どこかのブログに、作業道が複数あるので道迷いしやすいとか書いてあったが、今は要所要所に道しるべが立ててあり、迷うことは一切なかったし、広々とした尾根道においても踏み跡がしっかりと付いていて、安心して歩くことができた。危険か所も特になく、しいて挙げれば、取りつき後、尾根に入るまでのトラバース道で幾つかの崩落地帯があるくらいかな。そこにしても、一歩一歩を慎重に歩けば特に問題ない程度だった。

登山道崩落地帯。こんなところが幾つかあったが、慎重に歩けば大丈夫!
心配だったのは、情けない話だけど自分の体力。テン泊装備を持ってきていないので比較的軽装ではあったが、普段運動もせずにしかも2か月ぶりの山歩きとなるので、その点だけが心配だった。この『ヨモギ尾根』ルートは石尾根に出合うまで約13km、標高も1000mは軽く登らないといけなかったので、最初はゆっくりと体力を温存するように歩いた。それでも上り一辺倒のこのルートには、途中、参ってしまったが、しばらくして石尾根が見え始めてくると、再び気力もみなぎってきて頑張り通すことができた。

西側を眺めると去年歩いた奥秩父主脈縦走路が。あれは三ツ山だろうか。
石尾根との出合は奥多摩小屋の水場を通っていくので、そこで冷たく新鮮な美味しい水をいただき、最後の急登を登り切った。奥多摩小屋ではその後のルートをどうするのか、つまり雲取山へ行くのか行かないのかを検討しがてら、昼食をとることにした。ここから雲取山の往復時間は約1時間半。それから鴨沢までの約3時間を考慮すると、日没前までには十分に下りれそうなので、インスタント麺をたいらげ元気が復活してきた状態の自分は、迷わず雲取山経由を選択。そう、なんといってもこの日はトレーニングも兼ねていたのだから。

奥多摩小屋の前。おそらくヘリで物資が届けられたばかりなのだろう。
昼食後、準備を整え雲取山目指して歩いたが、考えてみると雲取山自体は何度も登っているが、石尾根から雲取山を目指すのはこれで2回目だということ。途中、小雲取山の登りがきついなと思いつつも開けて明るい石尾根はやはり気持ちがいい。あっという間に登山者で賑わう雲取山山頂に着いて小休憩後、すぐさま下りの途に就く。下りの目標は日没前までに下りることと、バスの時間を意識しての歩きも。あとは、それなりに景色も楽しみながらというところか。そうそう、それと、トレーニング、トレーニング。ということで、半ば駆け降りるように下って行った。登りで体力を温存していたこともあってか、意外にも足はまだまだ大丈夫そう。傾斜を利用して踏ん張ることなく、惰性を利用し駆け下りた。登りではめっぽう遅い自分も、下りでは何人もの登山者を追い抜いた(ご名答!まったく自慢ではない...)。

石尾根から雲取山山頂方面を眺める。避難小屋は今日も一杯かな?
とはいえ、そんな歩きを3時間続けることは体力というよりも精神的に参りそうになる。小走りの下りで集中力が途切れて、そんなときに運悪く躓いてしまったら転倒は免れないだろう。この日は、そうした際のサポートのためWポールを使ってみた。1度だけこれに助けられたが、1度だけといってもこれがなかったらどんな事態になっていただろう。少しだけゾッとする。まあ、その後、無事に鴨沢まで下りることができてよかったです。
雲取山は泊まりの登山者が多いので、土曜日の夕方は意外にも鴨沢バス停は乗車客が少ない。余裕で座れてJR奥多摩駅へ向かった。楽しみにしていた奥多摩駅前でのビールは電車時刻の都合からこの日は「無し」。泣く泣く電車に飛び乗った自分、山の楽しみの半分を取られてしまった気分だったが、しょうがない。なんといってもこの日は、トレーニングを兼ねた山行だったのだから(涙)。でも、久々の山は最高に気持ちよかった~!

【Start 6:47鴨沢西BS~8:15ヨモギ尾根ルート登山口~11:33奥多摩小屋(昼食)~12:40雲取山山頂~13:34ブナ坂~Goal 15:28鴨沢BS】
総行程は、距離約 27.8km、出発地点標高542m、最高標高2017m(雲取山山頂)、最低標高531m(鴨沢BS)、移動平均速度 約3.2km/h、総所要時間8h40m(recorded by garmin)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月3日土曜日

冬と春と、奥多摩『大岳山』

『大岳山』山頂からの展望。手前の山は御前山。左側は三頭山。
奥多摩『大岳山』を家内と歩いてきた。この山はずいぶん以前、やはり家内と歩いた山。あの時は山を始めたばかりで何もかも新鮮だった記憶がある。その後、自分は何度もこの山を訪れてきたが、家内はあの時以来で、ずいぶんと記憶が曖昧になってきていたようだ。歩く先々で「こんなだったっけ?」みたいな発言を連発。まあ、それだけ新しい山の記憶が入ってきているってことかな。

この日のコースは大嶽神社の表参道。周りには誰もいない。静かなスタートだ。
さて、この日は大岳山登山の王道とでも言おうか、大嶽神社の表参道から入って行くコースを辿った。このコースは大岳山山頂への距離が最も短い一方で、その分、勾配が最も急なコース。登り始めから真っ直ぐな登山道をひたすら登っていくのだが、このコース、登山道沿いの杉が伐採されていたりして、広々とした感じがとても気持ちいい。加えて登山者が少ない割に(この日は大嶽神社直前まで誰とも出会わなかった)登山道は結構、整備されているのでとても歩きやすい。しかもこの日は快晴で風もほとんどない。家内と2人、「気持ちいいね〜」と、久々に春を感じながら、ほっこりした気分でゆっくりと歩を進めた。

このコース、全体的に狭さを感じるところが少なく、いいコースでした。
やがて、だんだんと山頂が近づいてくるに連れて登山道には雪が見え始めてきたが、大嶽神社にたどり着くまでにアイゼンを使ったのは1ヶ所だけ。ただ、大嶽神社からは本格的に雪が現れ始め、しかも登りもきつくなってくるので、しっかりとアイゼンを装着した。この山は山頂直下の辺りが少しだけ岩が露出している。そんなところでは、歩くたびにアイゼンが岩に擦れてガリガリと音を立てる。「なんだか冬の岩山歩きみたいだな」と少しばかりほくそ笑む。そう思っているといよいよ山頂に到着だ。

大嶽神社辺りからは雪が増えてきました。アイゼン装着!
見晴らしのよい山頂に着くと、日差しはすでに春のもので、ポカポカしている。すぐに富士山を探したが、この日は春霞というやつだろうか、こんなに晴れているのに霞んで見えない。周りには登山者が10名程度いて、記念写真を撮るものもいれば昼食をとっていたりと、それぞれ春の山頂を楽しんでいるよう。自分たちも準備したカップ麺をすすりながら、「気持ちいいから、少し寝ていきたいね」などと久々に味わったその陽気のせいか、山にいながら気持ちも緩くなる。

落ちていた杉の枝。もうすっかり春の準備は整っているようです。苦手な方はご注意を
それでも、この日、山を下りてから行くことにしている打ち上げ(ようは昼飲み。最近このパターンにハマっている)が気になるので、それ程ゆっくりもしないで、下山準備に取り掛かった。いまだ膝に不安を抱える家内を思い、下りのコースは途中の山を全て巻いて御岳山のケーブルカー駅を目指した。このコースは北側斜面を比較的多く歩くことや、一旦、谷まで下りることから、上りのコースとは違って雪がかなり残っていた。凍結している箇所もところどころにあるので、それなりに注意を要する歩きだ。

下りのコースは谷底へ向かうコース。まるで冬に逆戻りです。
2人ともしっかりとアイゼンを装着してガシガシ歩いた。谷まで下りると日が陰ることもあって、まるで真冬の様相。さっきまでの春の陽気はどこに行ったのやら。この日の歩きは春と冬の入り乱れ?まあ、飽きることがないから、なかなか面白かったけど不思議な気分。その後、無事に御岳山ケーブルカーの駅に到着し、出発時間までの間に缶ビールで乾杯。なんだか最近、山にかこつけて、酒量が増えてきたかな。まあ、楽しいし気持ちいいし、これはこれでいいかな。

【Start 8:09白倉BS~11:13大岳山~12:57綾広の滝付近東屋~13:33御嶽神社下~13:59ケーブルカー御岳山駅】
総行程は、距離約 9.8km、出発地点標高300m、最高標高1266m(大岳山山頂)、最低標高300m(出発地点)、移動平均速度 約1.7km/h、総所要時間5h50m(recorded by garmin)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月17日土曜日

冬の北八ヶ岳『北横岳』

まさに白銀の世界。雪山最高!癖になりそうです。
先日の連休、家内を引き連れて久しぶりの雪山を歩いてきた。歩いてきたのは、最近、雪山初心者コースとして人気が上がっているらしい八ヶ岳は『北横岳』。北八の代表格でもあるこの『北横岳』はJR中央本線の茅野駅から路線バスに乗って、さらに北八ヶ岳ロープウェイで登山口まで行くことができる。登山口となる山頂駅から歩き始めると1時間余りで山頂にたどり着くことができ、しかも山頂直下には、この日宿泊することになっている北横岳ヒュッテがあるから、雪山といっても比較的、気持ち的に余裕を持てるコース。自分も含め雪山初心者に人気なのは、なるほどよく解る。

この日は連休の中日。ロープウェイは長蛇の列ができていて1時間以上並びました。
登山口のあるロープウェイの山頂駅に着いた自分と家内は、雪を目の前にしてワクワク、ドキドキの気分で雪山歩きの準備を始めた。ロープウェイに乗る前から山頂方面を望んで気付いていたが、辺りは横なぐりの雪によって真っ白。突然にして自分たちは2237mの白銀の世界に閉じ込められ、冬の山は当たり前のように自然の厳しさを見せつけてくれた。それでもワクワク気分の自分たちは記念撮影をしたり、冬の坪庭の様子を眺めたりと、まるで遊園地のアトラクション前にでもいるかのような浮かれ気分でいた。

登山道に立てられた竹の棒の目印。これが見えるだけで安心感は各段に上がります。
坪庭は無雪期に歩いたことがあるけど、この季節はやはり全体が雪で覆われているので、登山道の窪みがなくなっていて印象がまるで違う。ただ、登山道らしき部分はよく踏まれているので、比較的固く締まっている。それによく見ると、登山道に沿って竹の棒が立てられてあって、どうもこれが登山道の目印になっているらしい。そうと分かると多少の雪が降っていてもそれを目印に突き進むだけ。おそらく山小屋の方が整備してくれたのだろうが、ありがたいものだ。途中、前からくる登山者とすれ違うシーンがあったが、道を譲る時に気をつけないと、簡単に膝までズボッと埋まってしまう。この辺、いったいどのくらい雪が積もっているんだろう。

シラビソの林の中は風がなく歩きやすい。いつの間にか青空も見えてきた。
坪庭を抜けると、次はシラビソの林間コースに変わる。ここまで来ると、あとは踏み跡を辿っていけば北横岳ヒュッテの前に出るはず。以前歩いた時の記憶が蘇り、迷うことがないと分かると途端に安心感が増す。途中、あれほど荒れていた天気が嘘のように回復しはじめ、あっという間に青空が広がってきた。その後、予定どおりヒュッテに着き宿泊手続きを済ませ、続けて山頂を目指した。

山頂は天気が回復してくれたおかげで最高の展望。いつまでもこの景色を眺めていたかった。
ヒュッテから山頂までは20分程度。勾配は多少きつくなるものの山頂間近で森林限界を迎えてから山頂方面を望むと、空の青さと真っ白な雪のコントラストが信じられないくらい鮮やかで、誰かが言っていた「雪山の景色が四季を通じた山の中で一番美しい」という言葉を思い出した。確かに息を飲むほどに美しい景色が目の前に広がっている。山頂に着くと迫力の360度の大展望。「凄い」の一言が漏れる。目の前にはこの日もお隣の蓼科山がその丸い山頂を覗かせている。山頂はものすごい強風で、踏ん張ってないと吹き飛ばされそうになるが、この日の自分たちはそんなことも雪山の醍醐味としてとにかく楽しい。防寒装備が十分だったこともあり、寒さはない。顔が強風でヒリヒリする程度。赤岳方面を望むと山頂付近の雲がすごい勢いで流れている。辺りに視線を落とすと、エビの尻尾やスノーモンスターがごろごろ。南峰から北峰に移動し、しばらくその不思議な世界を楽しんだ。時間にして約20分、ずっといたかったけど、そろそろ帰る時間。後ろ髪を引かれつつも山頂を後にした自分たち、下りはいい歳して少しだけシリセードを楽しんだ。雪山は大人を子供に戻す力があるようだ。

三角点までもがこの状態。この季節はこんななんだろう。とにかく風が強かった。
ヒュッテに着いた自分たちは、食事までの時間にやはりといってはなんだが、持ってきたビールで乾杯。この日の短くはあったが充実した雪山歩きを熱く振り返った。夕食は名物、馬肉のすき焼き。今回は相部屋となったご夫婦とともに鍋をつついた。名古屋から来られたというお二人は百名山まで北海道と九州の数山を残すだけらしい。この北横岳ヒュッテにも年に3回ほど訪れているとおっしゃっていた。世の中山好きな人がいるもんだと他人事のように思う自分(笑)。美味しい料理に舌鼓を打ちながらしばらく山談義に花が咲き、小屋泊まりもたまにはいいものと改めて感じた。この後、就寝時刻の9時にきっちりと寝に入った自分だが、これだけ山に浸かった1日だったからきっと山の夢でも見たのだろうけど、気がついたら朝を迎えていた。

出発は朝7時。人生初の氷点下18℃。
2日目は、天気があまり優れない予報だったので、山を下りるだけの予定。この日の出発は自分たちが最初だったので、ヒュッテを出るときにご主人から「昨夜は風が強かったので吹き溜まりはかなり深いところがあるから気をつけて」といった旨のアドバイスをいただく。歩き始めると確かにトレースが全くないし、所々に雪崩でも起きたような跡もあり、言葉には出さなかったけど少しだけドキドキしながら歩いた。それでも深いところでも膝上くらいだったし、登山道は目印のおかげでしっかりと確認できたので、問題なく歩くことができた。

ヒュッテを出てすぐの登山道。トレースないどころか「これ登山道?」って感じ。
ただ、林を抜け坪庭に入ると状況は一変。開けた場所の坪庭では遮るものがなく突然に風は強くなり、大荒れの状態。雪の吹き溜まりにより地形も確認できず進むべき方向が分からない。頼みの目印も近くに見当たらないので、多少戸惑ってしまった。試しに少し進んでみると、ズボっと腰のあたりまで埋まってしまう。まあ、そのままラッセルして進むという手もあるのかなと思ったけど、できればあまり体力を使いたくない。結局はいろんな方向を試しに進んでみて埋まらない方向に少しずつ進むことにした。するとだんだんと遠くにあった目印が近づいてきたので、こうなると登山道は予測しやすくなり、最初の目印に到達。続く目印からは分かりやすいところにあったので、一つ一つ落ち着いてクリアしていった。そうはいっても強風の中、バラクラバをつけていなかった自分は顔が痛いのなんの。しかもゴーグルも付けずに眼鏡だけだったので前がよく見えない。ホント雪山をなめているなと我ながら反省。

さて、どっちの方向に進もうかといった場面でパシャリ。まだ余裕はあります。
そのあと、なんとか無事にロープウェイ駅に辿り着いてホッと一息。その後、帰りの電車の中でも初めての本格的な雪山経験を振り返り、(時間が早かったので...)ビールを飲まずとも大いに盛り上がった。そして、例によって「次はどの山歩こうか」との話題に。するとどうしたことか、「やっぱり雪山は楽しいね」と言う家内。どうやら、雪山にハマってきたようだ。しめしめ、では遠慮なく次も雪山にしようか(薄笑)。懲りないおじさんとおばさんです。

【Start 1日目:12:49RW山頂駅~13:51北横岳ヒュッテ(宿泊手続き約20分)~14:29北横岳山頂(山頂滞在約20分)~15:02北横岳ヒュッテ、2日目:7:05北横岳ヒュッテ~Goal 8:05RW山頂駅】
総行程は、距離(1日目:約3.2km、2日目:約1.8km)、出発地点標高2237m、最高標高2480m(北横岳北峰)、最低標高2237m(出発地点)、移動平均速度 1日目:1.3km/h、2日目:1.7km/h、総所要時間(1日目:約2h24m、2日目:1h06m)(recorded by Garmin)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月4日日曜日

新雪を求めて『高尾山』へ

高尾山山頂は記念撮影をする登山客でこの日も賑わっていました。
高尾山にふかふかの新雪を求めた自分が浅はかだった。年間260万人を超える世界一の登山者数は伊達ではない。
この日、週の初めに降った大雪を目当てに、家内と2人高尾山に行ってきた。何年か前にやはり大雪が降った週末に奥多摩で膝まである雪歩きをしたことを思い出し、そんな雪山をイメージして出かけた。でも、そんな期待はあっさりと裏切られることとなった。歩いてみるとそもそもの雪の量が思ったほどなかったことに加え、登山道はしっかりと踏み固められて、新雪どころか、アイゼンさえも使わなかった。さすが高尾山とでも言っておこうかな。

登山道は踏み固められて、こんな感じ。ふかふか新雪はお預けです。
まあ、そうは言っても自然の中を歩いて来たのだから、それなりに気持ちは良かった。幸い天気は良かったし、風もなく寒さは感じられない。家内はこの日にために購入したチェーンアイゼンを試して、その機能性の高さに感心したりで、山歩きの楽しさをこの日も味わってきた。でも、目的だった新雪にありつけなかったこともあり、それでも何だか満たされない。そんな気持ちのまま、高尾山だからあっさり登ってあっさり下りた。冬の高尾山、う〜ん、思ったような雪歩きをするには、ちょっと難しい課題だったかな。しつこいようだがそんな自分が浅はかだったようだ。
さて、まだまだ日が高いうちに最寄駅に帰ってきた2人、それならそうと久々に昼飲みを開始し、なんだかんだとしっかり飲み、昼飲みとは言えない時間まで飲んで、ご機嫌なまま帰宅した。結果、山にいた時間よりもお店にいた時間の方が長かった...。まあ、こんな日もあるさ。

【Start 10:43京王高尾山口駅~11:33東屋休憩所~12:52高尾山山頂~13:49琵琶滝分岐~14:16京王高尾山口駅】
総行程は、距離約 7.9km、出発地点標高206m、最高標高599m(高尾山山頂)、最低標高206m(出発地点)、移動平均速度 約2.2km/h、総所要時間3h34m(recorded by garmin)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月20日土曜日

忘れらない展望の山『茅ヶ岳』

この山頂からの展望は忘れられない。写真は南アルプス。やはり甲斐駒カッコイイ!
今年初めてとなる家内と2人での山行は、あの深田久弥が登山途中に急病で亡くなった山『茅ヶ岳』(1704m)。登山口までは珍しく自家用車でのアクセス。中央道を走らせ、韮崎インターから20分ほどのところに登山口はあるはずだった。ガイド本には確かそう書いてあった。ところが、ナビが示したのは手前の甲府昭和インター。おかしいなと思いつつも、経済性を重視したナビゲートなのかなとも思い、指示のまま車を走らせると、そこは全く見当違いの場所。何がどうなったの?急きょ、登山口をスマホで調べるが的を得た情報がなかなか見つからない。歩き始める前なのにこんな感じで道迷い。結局、予定より2時間近くも遅れての山歩きスタートとなってしまった。最初から大反省の山行、「一体この日はどうなることやら」といった感じで始まった(汗)。

山頂間近な登山道。程よく岩を交えて勾配も増してくる。
気を取り直して歩き始めたのは午前10時頃。こんな遅い時間に歩き始めるのは初めてかもしれない。でも今日は、家内が一緒だから往復4時間と比較的短めのコースを選んでいたので、気持ち的にはまだ余裕。家内も遅れたことなどすっかり忘れたように「山、久しぶりだね」とご機嫌の様子で、スタスタと登山道を歩いていく。今日の登山口は深田記念公園手前の駐車場。自分は「こんな記念公園があるのにネットの情報が少ないな」などと、ぶつぶつと独りごちて家内の後を付いていく。ところでこの登山道、歩き始めから約一時間は石がゴロゴロしているけどほぼ平坦の印象で、途中から突然として勾配がきつくなってくる。不思議だったのは、ほぼ一貫して直線の登山道だったこと。だから、歩いていて変化がないとでも言おうか、やや飽きがくる登山道だ。ただそんな登山道も標高を上げるに従って、振り返るとやはりとでも言おうか景色が冴えてくる。幸いだったのは歩いたのがこの季節だということ。というのも、登山道の周りはどこも木の枝が覆っているから。これが緑旺盛な時期だったら恐らくこれほどまでの展望は期待できないだろう。そういう意味では、この山は冬がオススメだ。

深田久弥はここで亡くなったらしい。冥福をお祈りします。
途中、深田久弥が倒れたという場所に小さな碑が立っていて、安らかな眠りを祈るとともに、道中の安全を願った。その後、山頂が近づくに連れて補助ロープが設置される箇所もちらほら出てきて、本格的な山登りも味わえる。日本海側は大雪だとニュースで言っていたが、ここはそんなこととは縁がないようで、登山道は乾ききっていて、とても歩きやすい。そして、山頂。
登頂した瞬間、まさかこんなにも素晴らしい展望が待っているとは思わなかった。正面は、甲府盆地を隔てて南アルプスがズドーン。甲斐駒、仙丈、鳳凰三山、その奥にちらっと北岳、さらには赤石岳だろうか。そして南側には富士山〜。北向きに視線を変えると金ヶ岳の奥に八ヶ岳がくっきり。遠くに見える北アルプスは真っ白。凄い!東側には金峰山。頂上の五丈岩もしっかり見える。この日は雲ひとつない快晴でしかも無風。1704mにいながらむしろお日様の光でポカポカしている。そんな絶好の条件の中、この絶景を突然として目の当たりにした自分と家内、久しぶりに声をあげてしまい、その後、しばらく絶句した。静かだ。眩しい。暖かい。そしてなんて雄大で美しいのだろう。写真を撮るのも忘れて、昼食の準備をするのを忘れて、ただただ見惚れた。その後、落ち着きを取り戻した自分たちは、一通り写真を撮ってから腰を落ち着けて昼食のカップ麺を食べた。その間も家内は「ずっとここにいたいね。帰りたくないね」などと、子供のようなことを言う。笑いながら自分も分からないではないなと内心思う。一瞬、日常の苦しみが頭をよぎるが、直ぐにここの景色がそれを消し去ってくれる。今でもあの景色とそこにいた感覚は体全体で覚えている。特別で神聖なとでも言おうか、とにかく一生忘れないであろう経験だった。

遠くに北アルプスが望めた。右手は金ヶ岳の奥に八ヶ岳。
下りは、上りの谷筋と別れて尾根筋歩き。気分を良くした自分たちは、サクサクと下りていく。こちらもやはり基本、真っ直ぐな坂道をひたすら下りていく単調な登山道。結局、計画通り往復4時間程度で無事降りてきたわけだが、全体を通しての感想としては、この山、登山道はきちんと整備されていて、よっぽど登山道を外さない限り危険地帯はなく、初心者でも問題ないだろう。ただ、自分たちがそうだったのだが、谷筋の上りがきつくなり始めた頃、谷が比較的広いせいか、あるいは足元に溜まった落ち葉が登山道を見失わせたせいか、いつの間にかかなり傾斜のきつい上り道に入り込んでしまった。ロープなどが設置されてるところからすると、一応、こちらも登山道なんだろうけど、少し焦った。その時は、ざれて滑る足元に注意しながら慎重にトラバースしていったら、普通の登山道に戻ることができたが、やはりどんな山でも油断は禁物ということかな。

茅ヶ岳の麓にひっそりとたたずむ深田記念公園。
山から下りてきて車に戻る前に、朝、立ち寄ることができなかった深田記念公園に寄ってみた。「百の頂に百の喜びあり」という、あの名言が刻まれた立派な碑が立っていたが、決して広いとはいえないひっそりとした公園だった。設立は韮崎市などの観光協会と記されていたが、やっぱりちょっと宣伝不足ではと正直思う。観光協会さん、もう少し頑張っていただいても良いのではないでしょうか。
そうそう、登山口へのアクセス方法は、やはり地図を見るなど、事前にしっかりと確認した方がいいと思う。決してカーナビ任せにしてはいけないよ。今回の教訓でした。

【Start 9:53深田記念公園駐車場~10:26谷尾根分岐点~12:06茅ヶ岳山頂(昼食後12:45出発)~14:03谷尾根分岐点~14:30深田記念公園駐車場】
総行程は、距離約 7.1km、出発地点標高943m、最高標高1704m(茅ヶ岳山頂)、最低標高943m(出発地点)、移動平均速度 約1.5km/h、総所要時間4h36m(recorded by garmin)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加