トレッキング初心者が始めちゃったブログ

【ここだけの話】『トレッキング初心者が始めちゃったブログ』 と、タイトル設定したけど、今のところ主な活動は、「山登り」、「山歩き」、要は登山ですね。これが実に楽しい。タイトル下にも書いたけど、本当に不思議なくらいにこの世界に引き込まれていく自分が突然として顔を見せた。自分はいい年齢(トシ)なので、余り危険なことをする気はないけど、若いうちにこの世界を知っていれば、もしかしたら冒険心みたいな気持ちに灯がともってしまったかもしれない。この「山の世界」、かなりお勧めである。

2016年6月25日土曜日

《みんなどうしてる?》日頃の体力づくり

10階上がった頃にはハアハアです。
山歩きのための基礎体力作りには山歩きが一番。山をやっている人間であれば、そのくらいのことは常識かもしれないが、普通の人はそうそう山に行けるものではない。自分も普通の人なので、山に行く頻度はせいぜい1か月に1回くらい。なので、普段行っている体力作りといえばランニング、自転車に筋トレ、それと日常生活で極力歩くことくらいかな。と、なんだか随分やっているようにも聞こえるが、実はそれほど凄くやれてるわけではなく、自分としてはやっぱり鍛え不足を感じている。そんなわけで、極力毎日やっていること。それは、今の職場、10階上のフロアに食堂があるので、そこまでエレベーターを使わず、非常階段で歩いて上がること。しかも一段飛ばしで。この一段飛ばし、後半はそこそこきつくなってくるけど、それが身体に効いているような感じがして、なかなか気に入っている。
ただ、そうはいっても、たまの山行ではいつもいつもトレーニング不足を反省している始末。何とか、もっと効果的な体力づくりの方法を探し出さなければいけないとも思っているが、今はとりあえずとでも言おうか、今やっている方法が限界なのも事実。そろそろ山行のステージアップを狙っている一方、体力がついていかない自分、早くもこの世界での限界が見えてきたか。いやいや、まだまだ。
ところで、ほかの登山者は普段どのような多力づくりを行っているのだろう?おそらく自分と同じようなものだと思うが...。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年6月19日日曜日

山男の歌

今日は一日、休養日。っていうか、だらだら日。ランニングでも自転車でも、もしかしたらトレーニングジムでも行けないことはなかったが、なんだかやる気が出ず、ただいま昼飲み中。まあ、たまにはこんな日もあるでしょう。今日はダメおやじバージョンな日だ。なんだか「父の日」を汚しているみたいでごめんなさい。
そんな家に一人、ハイボールを飲みながらパソコンを前にしていたら、ふと、「娘さんよっく聞~けよ、山男にゃ惚~れ~るなよ~」の、あの「山の歌」の定番中の定番のフレーズが頭に浮かんできたので、一人でいることをいいことに、声に出してみると、後の歌詞が出てこない。ならば早速と、WEBで歌詞を検索してみると、この歌、あのダークダックス様が50年前にレコード(懐かしい!)を出していたというので驚いた。当時は第一次登山ブーム真っ盛りで、そうした世相にも乗ったのか、この曲がダークダックス様の最大のヒットシングルとなったらしい。ちなみにダークダックス様は昭和30~40年代に多くの山の歌を出してたらしく、その後、「山の歌全曲集」まで出していたというのだから、当時は山の歌といえばダークダックス様だったのだろう。
そういうことであればどうだろう、今の登山ブームに乗って、スマップとか嵐なんかも山の歌を出してみては...。まあ、ないよね。どうやら酔ってきたみたい...。
ちなみにこの歌、「山男の歌」といって、歌詞は以下のとおりなので、ダークダックス様を知らずとも、山を愛する若者たちもぜひ知っておいてほしいと思う。


娘さんよく聞けよ 山男にゃ惚れるなよ
山で吹かれりゃョ 若後家さんだよ

娘さんよく聞けよ 山男の好物はよ
山の便りにョ 飯盒の飯だよ

山男よく聞けよ 娘さんにゃ惚れるなよ
娘心はョ 山の天気よ

山男同志の 心意気はよ
山で鍛えてョ 共に学ぶよ

春夏秋冬 山行く人の心はよ
山にあこがれよ 親しい友とよ

娘さんよく聞けよ 山男に惚れたらよ
むすこ達だけはョ 山にやるなよ

娘さんよく聞けよ 山男の心はよ
山で鍛えたョ 男意気だよ

六三四Ⅲ 八野さんのチャンネルから

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年6月11日土曜日

地形図とやまや折り

初めてのやまや折り。悪くない。てか、美しい!
最近の読図講習会流れということで、雑感をひとつ。読図を勉強し始めてからというものの、講習会の都度、その教材として2万5千分の一地形図を購入しているが、最近ではなんとなくそんな地形図にも慣れ親しんできた。スマホも含めハンディGPSが世にはびこる中、いまどき紙の地図というのも時代遅れのような気もするが、最近の奥多摩バリエーションルート歩きで地形図を使った読図の大事さであったり面白味のようなものが分かり始めた自分にとっては、紙の地図、意外に使えるなという感触は得ている。
ただ、最近は地理院地図をWEBで入手し、自宅のプリンターから出力できるようになったので、山行中の持ち運びのし易さから、そっちの地図を持ち歩くことが多く、本物の地形図を山で使うことは、正直、なかなかないのかなと思っている。しかもWEB地図、磁北線を自動表示できるので、とても便利。
ただそうはいっても、地形図を持つことは、なんて言うのか本格的に山をやってるぞみたいな感じがして気分は悪くはないし、そこに「やまや折り」を施したならば、気分はすっかりベテラン山屋。なので、使う機会は少ないとしても、ここぞっていうときには使ってみようと思う。まあ、「勝負地図」ってことかな。ん?何の勝負かって?う~ん、何だろう?
ところで、やまや折りを施した地形図は、写真のとおりパリッとした直線が美しいし、おそらく今後使い込まれて丸みを帯びるだろう角や、細かな皺や破れにより風合いをまとった地形図も美しいだろう。世の中がいかに便利になっても、いいものや美しいものがちゃんと残っていくように、この「地形図とやまや折り」についてもそう、いつまでも山の世界に残っていくだろう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年6月4日土曜日

読図講習山行『扇山』

みんな真剣にお勉強してます。自分もっ!
読図をさらに習得したくて、先日、某山岳会が主催する読図講習会に参加してきた。実は前の月にも別の読図講習会に(こっそり?)参加していたほか、独学を経ての最近の山行でも地図とコンパスを手に持ち、読図のまねごとを実践していた甲斐あって、なんとなくだが、ようやく読図らしいことができるようになってきたと感じている。
今回の講習会は読図初心者を対象とし、2日かけて机上講習と実地講習がセットになったもの。特に実地講習ではちょっとした山行気分で参加できたので、とても楽しく読図を勉強することができた。奥秩父の『扇山』の麓をスタート地点として、地形図とベースプレートコンパスの基本的な使い方を始めに、歩きながら所々で周りの地形と地図のシンクロを行い、現在地確認や進行方向確認を行うなど、実地ならではの講習内容となっていた。生意気なことを言えば、講習が初心者向けだったので、今の自分にはやや簡単すぎたのがちょっと残念だったかな。

ただ、そのなかで講師の方が言っていた、山の中で迷わないための秘訣がとても印象に残った。それは「決して自分を信じないこと」。なに?まあつまり、迷いそうな状況下では、常に自分の読図が間違っていたかもしれないと思い、ポイントポイントで通過した地点の検証を行うことがいいらしい。この作業で、仮に道誤りを起こしていた場合でも被害が最小限で済むというメリットがあるのだそう。それにしても読図って分かり始めるとなかなか面白い。なんだかハマりそうな予感。

【Start 浅川BS~浅川峠~扇山~Goal 君恋温泉】
総行程は、距離7.0km、出発地点標高638m、最高標高1138m(扇山)、最低標高582m(君恋温泉)、移動平均速度1.2km/h、総所要時間5h37m(勉強しながらなので、かなりゆっくり)(recorded by garmin)

・・・ ちなみに下山後に入った「君恋温泉」、知る人ぞ知るといった渋すぎる温泉だった。山岳会の人はああいうところが好みなのか...。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月28日土曜日

《みんなどうしてる?》行動食は何を食べてるのか

重い荷物を担ぎ、長い山道をへこたれることなく歩き続けるためには、ただ山が好きなだけでは成すことはできない。そこに必要なのは身体を動かす原動力となるエネルギー、つまり食事が大事だってこと。確かにそうでしょう。
山歩きの場合、昼飯などのちゃんとした食事のほかに(そのちゃんとした食事を摂れないこともよくあるが...)、その運動量の豊富さから行動食が必要となってくる。先日の酉谷山の山行を例に挙げる。あのときは朝5時前に家で朝食を摂り、歩き始めたのは7時ころ。20kg以上の荷物をゆっくりとしたペースとはいえ、徐々に高所に運んでいき、途中、昼食休憩を含め合計1時間程度の休憩を取り、3時過ぎに小屋に着き、5時ころに夕食を摂った。この間のおおよその消費および摂取カロリーは次のとおり。なお、消費カロリーは山行部分に限る。

 消費カロリー(kcal)=METS(運動の強度) ×運動時間(時間)×体重(kg)×1.05
       3,880.8kcal     =8.0(負荷の高い登山)×        7h           ×   66kg    ×1.05

 摂取カロリー(kcal)=朝食(おにぎり2個)+昼食(インスタント麺)+行動食(ロールパン3個、
          クリーム玄米ブラン2切)+夕食(缶ビール2本、つまみ少々)
    1,838kcal  = 朝400 + 昼500 + 行(282+176) + (280+200)

家には常にいくつものストックがあるのだ。
通常、成人男性の1日の消費カロリーが2,000kcal前後だとすると、この日はたった8時間程度でその2倍くらいのカロリーを消費したわけだから、普通の摂取カロリーだけではとてもではないが、エネルギー不足となってしまう。とにかく歩き続けるために、もっと言えば無事に帰ってくるために行動食は大事なわけ。この日の山行もこうやって振り返ってみると、全然カロリー不足だったてことになる。確かにふらふらになったな。
ものの本によれば、エネルギー補給のための行動食としては炭水化物ということになっているらしく、炭水化物を多く含む食品は、米、パン、うどんなど、意外にもレーズンも多いらしい。さすがにうどんを行動食にするのは難しいし、ごはんも夏場は悪くなりがちなので、自分の場合、主にはパンを行動食にすることが多い。それと、好きなのがアサヒで出してる「クリーム玄米ブラン」で、最近はこの2種類を交互に摂取している。それでも昼食と合わせてもせいぜい1,000kcalだとすると、山歩きって摂取カロリーとの差し引きで考えても相当にエネルギーを消費する運動だということ。ダイエットには、もってこいといえるが、無事に帰ってこられないと意味はない。自分、今度はレーズンも行動食に加えてみようかなと思っているが、他の登山者はどうしているのだろう。同じような感じなのかな?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月22日日曜日

竹内洋岳さんのトークショー

この登山家、山登りだけではなく、しゃべりも一流ですね。
昨日、某大手山岳系スポーツ店主催のイベントがあり、その中で日本人で唯一、世界でも29人目となる14座サミッターの竹内洋岳さんのトークショーがあったので傍聴してきた。
間近で見る竹内さんは、テレビなどで見るご本人よりももっと細身な印象で、しかも山男らしからぬ(というのは自分の先入観ではあるが)饒舌で、本当にこの男がすべての8000m峰を制覇した男なのだろうかと、最初は半信半疑とでもいうか不思議な感覚で、彼の話に聞き入った。
話の内容としてはやはり14座登頂の話で、それぞれの登頂に至るまでのエピソードや山の歴史などを実に端的に、しかもテンポよく話を進めていった。初の8000m峰登頂となったマカルーでは1995年当時、満足な地図や資料がなかったため、ベースキャンプとする場所を3か月もかけて自分たちの足で探して決めたとか、2001年のナンガパルバットでは友人の突然の病気により国際公募隊に日本人ただ一人参加することとなってしまい大変だったが、その後の8000m峰をともにするドイツ人登山家ラルフ・ドゥイモビッツとの出会いがあったとか、話の内容はどれも興味深く、皆、「竹内ワールド」に引き込まれていたと思う。
そうした話を聞きながら強く感じたのは、この竹内という登山家、実によく勉強をしているということ。14座のことに限らず、ヒマラヤのこと、山のことを仔細に調べ上げ、しかもそれはおそらく講演用というわけではなく、幼いころから持ち得ている山に対する本質的な興味心と、日本のリーディング・クライマーの一人としての自覚が、単なる山バカに収まらず、まるで実践力を兼ね備えた学者といったイメージ。まあ、母校の客員教授を務めているらしいから、なるほど頷けるところかな。学校もいいところに目をつけたと思う。
すっかりファンになり、本まで買っちゃった...
ところで、この日最も印象に残った話としては、14座登頂を終えて盟友のラルフとのメールのやり取りで、「自分たちは次の山に登りたいために今の山を登っている。だから14座を登り切ったからといって何かが終わったわけではなく、単純に次の山へ登る準備が整っただけのこと」的な話。結局彼らにとって14座サミッターという偉業は単なる通過点であって、飽くことのない探求心が体に宿っているらしい。やはり竹内さんは学者ではなく、根っからの探検家なのだろう。次は未踏峰を狙っているらしい。ぜひとも頑張ってほしいところ。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月19日木曜日

《その後のマイギア》トレッキングポール

代替のポールキャップ、違和感なしですね~。
今使っているLOCUS GEARのトレッキングポール、確か1万円ちょっとで購入できて、しかもフルカーボンだけあってさすがにとても軽いので、いまや欠かせない山の友となっている。店舗販売をしていないので、ちょっとした付属品を購入するのにも送料の方が高くつくこともあるのが、なんとも微妙ではあるが、商品自体はシンプルで質のいいものだと思っている。ただ、先日ひとつだけ愚痴をこぼしたくなることがあった。
きっかけは先日の山行のときのこと。うかつにもぬかるみにトレッキングポールのキャップを取られてしまい、気づいたときにはすでに後の祭り。そのときは先を急いでいたこともあり、片方、キャップなしでその後の山行を続けた。でも、さすがにこのままではいられないので、先日、LOCUS GEARのホームページから注文しようとしたところ、自分の使用しているモデルのトレッキングポールはすでに代替わりでなくなっていて、ポールキャップも見当たらない。サービスセンターに問い合わせてみたところ、すでに販売終了したと、あっさりとした答え。ただ、親切なのかどうか分からないけど、「一般的に販売されてるキャップを使用いただけます」ということだったので、早速、近所のアウトドアショップに行って物色したところサイズ、ぴったんこのラバーキャップを見つけた。300円とややお高めだったが、まあ背に腹は代えられないということで即、購入。
それにしても自分が今のポールを購入したのが3年前で、すでに関連商品がサポート切れだなんて、あまりにもあっさりしすぎでしょ。やっぱりマイナーブランドたるゆえんなのかな...。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加