トレッキング初心者が始めちゃったブログ

【ここだけの話】『トレッキング初心者が始めちゃったブログ』 と、タイトル設定したけど、今のところ主な活動は、「山登り」、「山歩き」、要は登山ですね。これが実に楽しい。タイトル下にも書いたけど、本当に不思議なくらいにこの世界に引き込まれていく自分が突然として顔を見せた。自分はいい年齢(トシ)なので、余り危険なことをする気はないけど、若いうちにこの世界を知っていれば、もしかしたら冒険心みたいな気持ちに灯がともってしまったかもしれない。この「山の世界」、かなりお勧めである。

2017年1月22日日曜日

冬山の掟(新田次郎)

冬山、遭難、死、家族、色々なことを考えさせてくれる一冊です。
「冬山ではいかなることがあっても、午後に行動を起こしてはならない。」小説『冬の掟』の一節である。冬の八ヶ岳は硫黄岳頂上付近、リーダーの池下昇平はそんな掟を破り、隊員二人を従えて日が暮れた中、猛吹雪により進路を見失い絶望的な瞬間を迎えようとしている。硫黄岳頂上付近は広く開けていて吹きっ晒しになるので、強風時の風当りは凄まじいらしい。ましてや暗闇に吹雪ともなると、考えただけでもぞっとする。
歩いたこともない自分がなぜそこまで言うかというと、実はこのルート、この冬歩こうと思っていて、地図やブログなどを見てイメージトレーニングを何度も繰り返していたから。ただ、自分が歩こうとしていたルートが物語とはいえ死の舞台になっていると、さすがにハッとする。正直ビビる。だからもう一度、計画に無理がないかを練り直すこととした。まだ死ぬわけにはいかないからね。
さて、今回読んだのは新田次郎の短編が10作収められた新装文庫本で、元々は昭和53年に刊行されたものらしい。本のタイトルにもなった『冬山の掟』は、最近、自分の頭の中の大部分を占めていた冬山歩きと偶然シチュエーションがダブったので特に印象に残ったが、これ以外もみな冬山、しかも冬山遭難に関係する作品ばかりで興味深く読むことができた。また、時代背景が昭和前半期なので、登山用具などの名称が現在のそれとやや違っていて、これもこれでなかなか面白かった。シュラーフザック、ウインドヤッケ、アノラック、ルックザック等々、現在でいうと...分かるかな?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月9日月曜日

富士山どーん。『三頭山』

富士山どーん!奥多摩の山域では一番大きくしかもきれいに見られるんじゃないかな。

この連休、本当は雪山のはずだった...。今年も一発目から雨男ぶりを発揮してしまった自分...。とはいえ年の初めからそうそう落ち込んでもいられないので、唯一、晴天が見込めた土曜日に日帰りで奥多摩を歩いてきた。選んだ山は『三頭山』。2017年、今年の山歩きは我がホームグランドから始まることとなった。ところで、三頭山を選んだのは富士山が望めるから。正月といえば富士山でしょう。そう、富士山はなんといっても縁起ものですから。と、そんな気持ちでこの日、朝からウキウキしながら4時過ぎの始発電車に乗り込んだ。
この日のコースは、奥多摩湖の麦山の浮橋からヌカザス尾根を登って、槇寄山から数馬バス停に下りるコース。正直、このコース、歩き始めからヌカザス山までの登山道以外は歩いたことのあるコースで、計画時にはどうしようかなとも思ったが、奥多摩山域制覇を目指している自分としては、この尾根の途中にあるイヨ山を踏んでみたかったし、なんといっても富士山が見たかった。

始めて歩く浮橋。結構揺れるんです。夏に歩くと気持ちいいだろうな。

三頭山までの道のりは、まあまあの急登が連続して、途中、小学生連れのパーティーは三頭山を断念していた。自分はというと、2か月ぶりの山行でやや息が弾んだものの、富士山見たさのはやる気持ちを抑えて、一歩一歩、噛みしめるように歩いた。気温-2℃で最初縮こまっていた身体もすぐに汗ばみ始め、グローブを外し、アウターも脱ぎ捨てた(捨ててはないか...)。やはり山はいい。
そして、山頂に着いたときに「その時」はやってきた。誰かに見られている、そんな気がしてふと右側に目を向けたとき、突然に目が合った。そんな気がした。ドキッとした。静かに威風堂々とたたずんでいたのは、今日の目的、富士山。目を奪われ、心をも虜にされた。しばらくはそこから動くことができずにただ黙ってその山を見つめていた。富士山って、三頭山頂上からこんなに大きく見えていたのかと、改めて思い、今度は家内を連れて来ようと誓った。ああ、やっぱり富士山ってすごい。
さて、この日この後、無事に山を下りた自分、数馬の湯にでも寄って帰ろうかとも思ったが、檜原街道に出たらすぐにバスがいたので、思わず乗ってしまった。この日のバスは中高年のパーティーで大混雑。山頂はそれほどでもなかったけど、山には意外にたくさんの登山者が入っているもんだなと妙に感心。こうして突然にして静寂から雑踏に戻ってしまった自分。がやがやとした中、車窓をぼーっと眺めながら次の山はどこにしようかと、早くも次の山行に思いを馳せるのであった。

【Start 小河内神社BS~ヌカザス山~三頭山~Goal 数馬BS】
総行程は、距離14.4km、出発地点標高535m、最高標高1524m(三頭山西峰山頂)、最低標高527m(麦山浮橋)、移動平均速度1.9km/h、総所要時間7h08m(recorded by garmin)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月4日水曜日

冬靴のインソールを変えてみた

冬山で使っているスカルパ・モンブラン。3シーズン目となった昨シーズンに突如として足全体のホールド感に緩さを感じるようになった。なので今シーズンはその対策として、先日、登山系ショップでインソールを買い求めてきた。
ショップで事情を説明してみたところ、まずは靴を履いてみてといわれたので、持参した靴をその場で履いてみたら、すかさず靴ひもの締め方を指摘され、スタッフの方が締め直してくれた。するとどうだろう、見違えるほどしっかりと締まるではないか。自分の場合、そもそもひもの締め方が誤っていたのだった。

ここで一旦締めてから、上のフックに紐をかけるとぎゅっと締まったままの状態をキープできる。

さらにショップのスタッフさんは、「これにインソールを変えるとさらに締まりますよ」と、出してくれたのが『SUPERfeetのhotPINK』。このインソールは、標準タイプに比べ、踵と土踏まず部が若干高くなっていて(この“若干”がポイントらしいけど)、これがあまり高すぎると、フィット感が増す一方で歩き後半で土踏まずのアーチが下がってきたときにインソールへの当たりがきつくなるので、足が痛くなるのだが、これはその辺がマイルドらしいのだ。しかもこのホットピンクは保温効果にも優れているので、つま先の温かさもサポートしてくれるらしい。確かに試着でのフィット感は抜群で、このインソール、いいものでしか見えなくなってしまった。そこまでお勧めするのであればと購入を決定したのだけど、お値段は6000円也。意外にお高いなと顔を引きつらせながら、それでもレジへ進んでしまう自分。
山道具を購入するときはいつもワクワク半面、虚しさのような感覚を抱きながらにいるが、せっかく買ったのだから、しっかりと使ってあげることが買った物へのいたわりの表れだと思う。って、とってつけたような言い訳にも聞こえるけど、今週末に予定しているあの山への山行にはきっとその威力を発揮してくれるに違いないだろう。大いに期待している。ああ、週末が楽しみ。

程よい厚みらしいがその効果は如何程に。次の山行が楽しみ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月29日木曜日

2016年、今年の山歩きを振り返って

明日はようやく仕事納め。今年も山以外のことで、いろんなことが起きた。とにかく忙しかった。しかも天候不順とでもいうのだろうか、週末にはいつも雨が降っていたような印象が強烈に残っている。計画していた山行がことごとく中止となった。だから、山行はあまり行けなかったのだろうと思っていたが、今回、記録を辿ってみると、意外や意外、今年は15回の山行で、29ピークを踏んでいた。おそらく比較的歩けた上半期の山行が効いたようだ。これで生涯累計は52回、104ピークになった。まあまあ、いい調子なのかな?ただ、年初めに立てた「身体を鍛え直す」とした目標は忙しさにかまけて、やはりダルダルしたままの状態にある。正直、諦め感さえ出始めている。来年はどうしよう...。

この日、登り始めは山頂が雲の中。おかげで高度感が少なかった...。

まあ、その辺はさておいて、今年印象に残った山はなんといっても中央アルプスは木曽駒ヶ岳...ではなくて宝剣岳。核心部、約30分間の短い山歩きではあるが、自分にとっては初めての本格的な岩山歩きで、高度感にビビりながらも岩の魅力の一端を感じ取ることができた。雲の切れ間から見えた千畳敷カールの美しさ忘れません。歩き終わった途端、次もまた違う岩山を歩いてみたいと思った。自分、もしかしたら岩歩きの虜になってしまったかも。
というわけで、今年の山歩きもこうして振り返ってみると、それなりに収穫はあったわけで、少しずつではあるが着実にスキルは上がっているのだろうか。でもまあ、そんなことよりも、大好きな山歩きを怪我なく、それなりの頻度で行けたことに感謝です。来年もまた良い山歩きができますように、山の神様よろしくお願いします。
写真①と同じ日とは思えないくらい、晴れ間が見えてきた。テンションUP!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月10日土曜日

《その後のマイギア》ARC'TERYX通勤ザック


通勤バッグを山系ザックに変えてから4年。今でもお気に入りのアークテリクス「SPEAR25」くんを背負って通勤している。途中、2年ほどの単身赴任で極寒地にも耐えてくれたし、使い方もそれほど丁寧に扱っていないのにも拘らず、機能や質感を損ねることなく元気に活躍してくれている。ただ1か所、ザック上部の取っ手のような部分があるんだけど、そこ、実は取っ手ではないようで、取っ手だと思ってややしばらく掴み持っていたら、デザインを維持している内部の(おそらく)プラ板が早々に折れてしまって、購入当初の美しいアーチが崩れてしまった。まあ、機能には問題ないのでどうってことはないけど、ちょっと残念だったかな。


この通勤ザック、使い始めの時に心配していたロールトップの使い勝手もすぐに馴染んで違和感なくなったし、重い荷物も難なく運べるようになった。しかもこのデザインは今でもとても気に入っていて、これからもしばらくは使い続けたいと思っている。そしてうれしいことに最近では、以前に比べると自分のようなスーツにザック(中にはまだまだリュックレベルの方もいらっしゃるが...)のサラリーマンが増えてきているようで、このスタイルはもうすでに市民権を得ているようだ。世の中、通勤ザック新時代を迎えているんだな~と、最近、妙に朝から感心してしまうオジサンは今日もこの子を背負って、満員電車に挑んでいます(車内では前掛けですが...)。

以前の投稿 → 通勤ザック -ARC'TERYX -(2012.4.19)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月31日月曜日

お仲間山行『筑波山』

御幸ヶ原から望む男体山。かなりの人出でした。
『筑波山』を歩くのは2回目で今年の歩き初め以来のこと。1年に2回も同じ山を歩くなんて、自分としてはあまりないことだが、今回は職場の山仲間からのリクエストがあったから。仲間とともに山を歩くのは、自分の転勤などもあって実に3年ぶり。どんな山歩きになるのだろうかと、朝からワクワクしていたが、思ったとおりとでも言おうか、お仲間山行はいつもと違って賑やかで楽しい山歩きとなった。「これはこれで、いいもんだな」そんなことを思いながら歩いていると、「おいっ、何を辛気臭い顔してるんだっ(笑)」と、すぐさま横やりが入り、苦笑いを浮かべる自分。そんな感じで楽しい山行は久々の晴天の下、それに負けない満面の笑顔でオジサン三人はテンション高めに歩を進めた。
この山行、本当は9月に行こうと思っていたんだけど、今年特有の週末の天気の悪さから、リスケの連続で、結局この日になってしまったが、この日に至っても数日前からの天気予報は微妙な感じで、前日まで行けるかどうかわからなかった。まあ、なんとか晴れ上がったので歩くことはできたけど、深夜まで降ったであろう雨のせいで登山道はぐちゃぐちゃの状態。それでもこの晴れの日を待っていたのか、朝から大賑わいの筑波山。やっぱりみんなに愛されている山なんだろうと、改めて感じた。
弁慶七戻りを前に「これが見たかったんだよ」と先輩。
ご案内した山仲間(実は先輩達なんだけど)も初めての筑波山に大満足のご様子。というのも877mという低山の割にきつい傾斜の辛さがあったり、岩の多さからの楽しさがあったり、ロープウェイのおかげで山全体に賑わいがあったり、もちろん緑の癒しがあったりと、小さい山ながらもいろんな楽しみがあるこの山に魅入られてしまったよう。山行後に立ち寄った温泉では、「いや~、今日は最高だった」と、日焼けと温泉の熱で赤くなった顔をほころばせながら、この日の山行を心地よく振り返っていた。この山はきっとお仲間山行みたいに賑やかに歩く人たちに優しい山なのだろう。筑波山、ありがとう。とても楽しかったよ。

【Start 筑波山登山口BS~男体山~女体山~Goal つくば湯】
総行程は、距離7.8km、出発地点標高220m、最高標高877m(女体山山頂)、最低標高220m(出発地点)、移動平均速度1.4km/h、総所要時間5h09m(recorded by garmin)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月23日日曜日

Marmot Compact Down Jacket

山だけではなく、いろんなシーンでも活躍してくれそう。
いつかは買っておかなければと思っていたライトダウン。ようやく買いました。買ったのは、マーモットのコンパクト・ダウンジャケット。約260gととても軽いし、スタッフバッグに収めると20cm大のサイズになるので、持ち運びにもとても便利。しかもダウン700FILLの高品質。ちなみに低価格高品質で人気のあの〇〇クロのダウンは640FILL以上としているので、この品質の高さは納得もの。もちろんとでもいうか、その分はお値段にもしっかり反映されていて、今回購入したダウンジャケットも登山系ダウンジャケットとしては安価な方とはいえ、前出の人気ダウンの数倍ものお値段になってしまう。そもそも登山系製品は、「命に関わる大事なもの」という決めゼリフによって、多少お高くてもしょうがないという風潮になっているような気がする。売り手のメーカーや販売店もおそらくその辺を承知の上での営業戦略となっているのだろう。もう少し安く製品を提供していただけたら、若い人たちももっと登山をしやすくなると思うんだけどね。でもそうか、そうしたらもっと山に人が増えて、山の静けさが少なくなるか。う~ん、難しい...。
スタッフバッグをサイズダウンしたらまだまだ小さくできるね。
とまあ、ずいぶん話が脱線してしまったけど、今回購入したマーモットのダウンジャケットは、さらに「TWO IN ONE SYSTEM」という便利な機能も付いていて、同じマーモットのアウターとつなげることができることも、これを選んだ理由の一つ。ただ、自分の場合、持っているアウターがインポート物なので、取り付ける場合は、ファスナーの位置を合わせるため、ダウンジャケットを裏返しにして取り付ける必要がある。まあ、インナーに使うわけだからそれで十分だけど。
さあ、この夏満足な歩きができなかった分、今度の冬はこいつを持って歩きまくるぞ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加